[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

  小原流[Web]作者(筆者))   
 リンク情報 歴史・文化
小原雲心,小原光雲,小原豊雲に
関する記述がある。→[Web]
 
欄外注本文)
 
  古流かたばみ会
[Web]作者(筆者))   
 リンク情報 歴史・文化
今井一志軒宗普(そうふ),安藤涼宇(あんどうりょうう),関本理遊(せきもとりゆう)『不許他見古流生花百瓶之図』『古流生花門中百五十瓶図』についての記述がある→[Web]
 
欄外注本文)
 
  古流理恩会[Web]作者(筆者))   
 リンク情報 歴史・文化
今井一志軒宗普(そうふ),安藤涼宇(あんどうりょうう),関本理遊(せきもとりゆう)「古流生花百瓶図」「再撰生花百瓶図」「生花門中百五十瓶図」についての記述がある→[Web]
 
欄外注本文)
 
  花の情報局[Web]作者(筆者))   
 リンク情報 歴史・文化
勅使河原蒼風の詳しい年表年表ページがある。→[Web]
無し
欄外注本文)
 
  いけばなの起源 作者(筆者))   
 いけばな百科 歴史・文化
いけばな(華道)の起源は、常緑樹を神の依り代(よりしろ)と見る古神道や仏教の供花など、信仰とつながる行為と考えられている。しかし、いけばな(華道)の成立に最も大きな影響を及ぼしたものは儒教の礼式(れいしき)であろう。
いけばな(華道)の成立が確認できるのは、室町時代から戦国期に、儒教の礼式、「家礼(かれい)」を受けた「室礼(しつらい)」、つまり、家の祭・儀式を演出する座敷飾りの典範書『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』によるからである。以来、そのいけばな部分の増補として『花伝書』の出版が繰り返され、いけばな(華道)の定式化は進んでいく。
 
欄外注本文)
 

[ <<BACK ][ TOP ][ NEXT>> ]

(2/3)

Database Factory


▲PageTop